弁護士になる

弁護士になるには、現在は法科大学院へ進学し、司法試験に合格して司法修習を受けるというルートと、予備試験に合格して司法試験の受験資格を得る方法とがあります。
大多数は、法科大学院へ進学します。
このとき、適性試験の成績票を提出しなければなりません。
適性試験は、以前は二種類ありましたが、現在は統一されています。
これも訓練次第で高得点がとれるため、予備校に通う等して準備します。
模擬試験も、大多数の人が複数回受験するようです。
法科大学院に進学するには、必ずしも法学部出身者である必要はありません。
既修コースと未修コースとがあって、このうち未修コースは法律の勉強をしたことがない者のためのコースです。
法学部で法律を専門に学んだ者は、既修コースで法律科目の試験を受けるのが一般的です。
他学部出身者や、法学部で社会人経験のある者は未修コースを受験し、大学の成績等を提出し、小論文試験や面接試験を受けて合格すると、3年間の未修コースで学ぶことができます。
3回の受験制限がある司法試験に合格するため、皆一生懸命勉強します。
その間、アルバイトもできないので、金銭的な余裕が必要でしょう。