自転車で交通事故を起こさないために大事なこと

私は自転車がすきでよく乗るのですが、
帰りが遅くなり夜の自転車走行は、交通事故に
合いそうだなと思うことがあります。
その一つがライトを付けていない自転車との
事故です。
夜道にライトをつけずに走っている自転車は、
非常にわかりにくいのです。
なので、対向車線から自転車が来ていることに
気付くのが遅れることがよくあるのです。
それで、至近距離になってから
ライトをつけていない自転車が来ていることに
気付き、こちらがスピードを出していたら
事故になっていたかもしれないとこわくなることが
あります。
おそらくライトを付けずに自転車を濃いでいるかたは、
ライトを付けることでペダルにかかる負荷が重くなるのを
嫌っているのでしょう。
それはわかります。
ペダルを漕ぐのが重いと、自転車をこぐのも大変ですからね。
しかし、夜道はライトをつけないと周りの自転車や
車にだって気付かれない可能性があります。
なので、自分の身を守るためにライトをつけて、
自転車を乗ってほしいなと思っています。